世界からの訪問者
ルーマニアで使い捨てカイロの御用命は
日本語、英語、ルーマニア語で注文可能!

2010年07月31日

バイア・マーレへ(2)

***昨日の続き***

空港に到着したのが19時15分頃
予想していた時間より少しオーバーしてしまいましたが許容範囲。
掲示板では、まだチェックインの表示が出ていませんでした。

私は旅行会社でチケットを購入した時からの疑問がありました。
以前、日本で飛行機のチケットを購入した時、チケットの費用プラス燃油サーチャージと空港使用料を別途支払いました。
今回のルーマニア国内線の飛行機のチケットは、燃油サーチャージと空港使用料が入っているのか、いないのか?
全く分からない状態だったので、とりあえずTAROM(ルーマニアン航空)のカウンターへ

カウンターでチケットを見せると、中のおばさんが「19時30分にチェックインできるから、時間になったら2〜5のチェックインカウンターに行くように」と教えてくれました。(身振り手振りで解りやすく教えてくれました)

19時30分を過ぎたあたりでチェックイン。
旅行会社からもらったチケットとパスポート、そして忘れてならないのがスカイチームのマイレージカード。
ここでも、”次は2階に上がって荷物検査のCゲートから入って”など、身振り手振りで解りやすく教えてくれました。
チェックインも無事に過ぎ、”燃油サーチャージと空港使用料はかからないんだなぁ”と思いながら2階へは行かずにコーヒーショップへ。
品物の価格の高さにビックリしましたが、何か食べたかったので水(500ml)と菓子パンを購入。
価格はそれぞれ9Lei(約250円)と10Lei(約280円)。
これはブカレスト市内の少し高めの売店の約3倍の価格です。
もっとお客さんの懐にやさしい営業をしてほしいですね。

DSC03691.JPG
コーヒーショップの様子

コーヒーショップで15分程時間をつぶした後は、2階へあがって荷物検査のCゲートを目指します。
Cゲートへ向かう為の案内表示はとてもわかりやすく、簡単に到着する事が出来ました。

DSC03692.JPG
案内表示

出発時間の1時間前にCゲートで荷物検査を行い、待合室で出発の時を待ちます。
待合室で待っていると搭乗のアナウンスがあり、周りの人たちが一斉に席を立ち列をつくります。
私は並ぶのが好きではないので、列の最後尾が搭乗のカウンターに近づいた頃に席を立とうと考えていました。
しかし、列は出来ていても搭乗手続きが始まらないようで、私の前には長い列がそのまま。

アナウンスが流れたのに何でかな?と思っていると、アナウンスで私の名前が呼ばれました!
えっ?と思ってカウンターに行ってチケットを見せると「あのバスに乗って」と言われてあわてて乗車。

確かにチケットを見せに行った所は私が座っていた所からは死角で見えなかったのですが、バイア・マーレ行きのカウンター前の行列は何だったのでしょうか?未だによく解りません。
結局、飛行機までの送迎バスを待たせた張本人になってしまいました。

DSC03693.JPG
搭乗ゲートの写真。柱の向こうからバスに行きます。
写真にはありませんが、目の前にも行列がありました。

私がバスに乗り込むとすぐに発車。
しばらくするとバスは飛行機の前で停車。
早速バスを降りて撮影。

DSC03694.JPG
バイア・マーレ行きの飛行機

私にとっては初めてのプロペラ機
ちょっと不安になりながらも、「毎日この飛行機は飛んでいるんだ!」と自分に言い聞かせながら、座席に座ります。
私の座席はプロペラから少し後ろの窓側。
こんな小さなプロペラで、この機体を飛ばす事が出来るなんてちょっと不思議です。

しばらくするとプロペラが回りだし、滑走路に向けて移動開始。
プロペラの回転は遅かったので、別に駆動力を持っているんだなと感じました。

滑走路に到着したらすぐに加速。
プロペラの回る音が一段と大きくなったと思ったら、かなりの加速力!。
加速力に感動していると、フワッとした感覚が....
飛行機はヘンリーコアンダ空港(オトペニ空港)を無事に離陸しました。

離陸してから10分程で、飲み物のサービスが始まりました。
こんな1時間ちょっとの飛行でも何か配るんですね。

DSC03697.JPG
とりあえず当ブログのお決まりショット(機内食?)

飛行機は1時間20分でバイア・マーレの空港へ無事に着陸。

DSC03698.JPG
降機する時の様子。

空港では友人とその友人たちが私を出迎えてくれました。



***続く***


ランキングバナーを大きくしたらクリックが増えるか実験中!

ここを、クリックしてランキングアップに応援して下さい。
他の東欧、中欧関係のブログへの近道にもなりますよ。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村
posted by タカ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルーマニアで旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

バイア・マーレへ(1)

以前に、お知らせしたようにバイア・マーレの友人の家に行ってきました。
今回からは、バイア・マーレへの旅行記を記事にします。

バイア・マーレに住む友人から、「いつ遊びに来る?」と言われていましたが、やっと時間がとれるようになって飛行機のチケットを買った所までは、以前に記事にしました。

出発前日まで。
ここ数日の間、バイア・マーレの友人に連絡が取れなくて心配していました。
どうやら、携帯電話の料金チャージがしていなかった事が原因で、電話がつながらなかったようです。
以前電話した時に、「携帯のポイントが少ないから、電話切れちゃうかも」と言われていたのですが、まさかポイントが無くなってすぐにチャージしないなんて思わないので、ここ数日は本当に心配してました。
心配症の私は、もし出発日当日も連絡が取れないようなら、旅行を取りやめるか、行くだけ行って単独で観光するか真剣に悩んで”どうする?自分”状態。
おかげで土曜日の夜は、あまり寝れずに寝不足状態で出発の日を迎えました。

7月25日(日)出発の日。
10時ごろからガレージに行き(ガレージは休み)、インターネットでブログの記事の更新を行ないながら、昼ごろ友人に電話をすると、やっと連絡が付いてホテルの予約確認。
「予約はしたから心配しなくてもいいよ!。飛行機の到着時間には迎えに行くから。」
人の心配をよそに、あっさりしたものです。

14時30分ごろに帰宅して、荷物の最終確認をして15時からはテレビでF1ドイツグランプリを見ます。
F1の放送は日本では深夜になる事が多いですが、こちらは生放送が多く、ヨーロッパラウンドは夕方が多いです。
17時前にフェラーリの1.2フィニッシュを見届けてから、シャワーを浴びて18時に出発。

自宅から空港までを1時間と見積もって、飛行機の出発時刻の20時55分の2時間前にヘンリーコアンダ空港(オトペニ空港)到着予定です。

空港までの交通手段はトラムバイと小型バス(実際はワゴン)を乗り継いで行きます。
旅行の計画が決まった時から、Razは「車で送っていくよ!」と声をかけてもらっていたのですが、いつまでも甘えていては1人で何もできなくなると思い、「どうしても自分ひとりで空港まで行ってみたい」とお断りしていました。
今回利用する空港はヘンリーコアンダ空港(オトペニ空港)ですが、昨年ルーマニアに渡航した時にレンタカーの引き取りでバニャッサ空港まではRazと一緒に同行した事があるので、バニャッサ空港に行く小型バスに乗ればバニャッサ空港の向こうにあるヘンリーコアンダ空港も通過することはわかっていました。

自宅前のトラムバイに乗って終点のペリセイ リベレ広場まで行きます。(ここまでは簡単)

DSC03683.JPG
自宅前のトラムバイの駅

DSC03685.JPG
トラムバイ終点のペリセイ リベレ広場の小型バス乗り場。

小型バスは2台止まっていましたが、フロントガラスを見ると行き先は同じ表示。
後ろの車の運転手にヘンリーコアンダ空港(オトペニ空港)まで行きたい事を告げると、「前の車に乗れ」との返事。
どうやら、先発と後発の2台だったようです。
前の車のドアを開けて車に乗り込むと既に満席状態。
仕方なく立って出発の時を待ちます。

10分程待って出発。私の後に2人のお客さんが乗り込んできたので、立って乗っているのは3人です。
走り出した小型バスは少し走ってはお客さんを乗せ、少し走ってはお客さんを乗せを繰り返し、バニャッサ空港に到着する頃には15人ほどが立っていて、車の中はすし詰め状態。

このバスは、国道を走るだけで、空港のロータリーまで行ってくれるバスではない事はわかっていました。
ですから問題は、”どこで降りるか?”です。
小型バス用のバス停があるのかどうかはわかりませんし、日本の市バスの様な降車ボタンなどありません。
しかもこのバスの中で立っている私は外の景色を見る事ができず、今どこを走っているのかさっぱり分からない状態で、だんだん不安になってきました。(満員なのでかがむ事が出来ないんです)
一応、だいたいの停車する場所は聞いていたのですが、はっきりとした景色を見る事が出来ず、少しだけ見える景色を見ながら判断するしかありません。
しばらくすると、ヘンリーコアンダ空港(オトペニ空港)が見えてきました。
”そろそろ降りなきゃ”と思っている私の気持ちをよそに小型バスはどんどん進みます。
空港を過ぎてしまって”がーん!どうしたらいいの?”と思っているうちも小型バスはどんどん進みます。
1km位進んだ所に人が立っていて、小型バスはこの人を乗せる為に停車しました。
この人が小型バスのドアを開けて乗り込もうとしている時に、「Jos!Jos!Jos!Jos!(Jos=下)」と言って降ろしてもらいました。
もし、ここで乗りこむお客さんがいなかったらどうなっていたのでしょう?
もっとルーマニア語の勉強が必要ですね。

小型バスを降りて、車を見たら数人のお客さんがこちらを見て笑っていたので、たぶんおかしかったのでしょう。
私は小型バスを降りる事が出来たのでホッとしていたので、笑っているお客さんに手を振ったら手を振り返してくれました。

DSC03686.JPG
歩いて引き返す道中

DSC03688.JPG
空港の入り口

DSC03690.JPG
出発ターミナルの建物

仕方なく行きすぎた道を歩いて引き返し、20分程歩いて何とか空港までたどり着く事が出来ました。
(すご〜く疲れた)


***続く***


ランキングバナーを大きくしたらクリックが増えるか実験中!

ここを、クリックしてランキングアップに応援して下さい。
他の東欧、中欧関係のブログへの近道にもなりますよ。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村
posted by タカ at 20:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ルーマニアで旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

炭酸水が好きになる

***お知らせ***
ただ今バイアマーレへ旅行中でインターネット使用不可につき、予約での記事更新です。コメントの返信は遅れますが、御了承願います。


人間が生きてく上で必要な水。

日本に居る時はあまり水を飲む事がありませんでした。
いつもお茶やコーヒー、そしてジュースばかり。

昨年のルーマニア滞在時と今年の滞在の最初の2ヶ月はコーラZEROが水代わり。
気候が暑くなってきてからは、コーラはほとんど飲まなくなり、最近はいつも水を飲んでいます。

ルーマニアで水と言えば、普通の水(Apa Plata)と炭酸入りの水(Apa Minerala)の2種類があります。
昨年は炭酸入りの水を飲んで「う〜まず〜」と思ったものですが、最近飲むのは炭酸入りのApa Mineralaばかり。
今年、渡航してから好みがかわりました。
写真のボトルは2.5リットル入りの炭酸入りの水。

DSC03635.JPG
タカ専用2.5リットルボトル
このボトルが2日で無くなります。

日本人には、なじみの無い炭酸水ですが、慣れてくると意外とイケますよ!


ランキングバナーを大きくしたらクリックが増えるか実験中!

ここを、クリックしてランキングアップに応援して下さい。
他の東欧、中欧関係のブログへの近道にもなりますよ。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村
posted by タカ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

AFI PALACEへ行く(その3)

***お知らせ***
ただ今バイアマーレへ旅行中でインターネット使用不可につき、予約での記事更新です。コメントの返信は遅れますが、御了承願います。


***昨日の続き***

香水を買ってまた少しブラブラ。
実はお腹がすいていたので何か食べようか考えていました。
どうせなら購入しやすいケンタッキーやピザではなくて、食べた事が無いもの。
色々見て回って目に付いたのがピラフ?チャーハン?に似たような米料理。
長い時間レストランの前で考えましたが、
”う〜ん食べたいけど、注文の仕方がわからん。ここで一人で食べるのも寂しいし...”

結局、米料理はまたの機会に取っておくとしてガレージに帰る事に。
ただし、帰る前にどうしても写真を撮りたいものがありました。

それは館内に入って少し歩いた時に、私の横をすり抜けていった乗り物。
たしか”セグウェイ”と言う名前だったでしょうか?
日本では見る事は無かったのですが、まさかルーマニアで見るとは思ってもみませんでした。

”セグウェイ”に乗っていたのは、館内を警備する人なのでしょうか?
同じ服を着た人があっちへ行ったり、こっちへ行ったり。
写真を撮りたい私は走っている所を止める勇気は無いので、止まっている所で話しかけようとチャンスをうかがっていました。

とりあえずトイレに行って、一息ついてから館内探索。
しばらくして止まって話をしている警備員を見つけて声をかけました。
警備員に写真を撮りたいとお願いすると「OK!」の返事。
しっかり写真を撮る事が出来ました。

DSC03661.JPG
セグウェイ(コレ欲しい!)

写真を撮ったら満足してガレージへ
いつもの様にマクドナルドでチーズバーガーを買って帰りました。


おまけ(女性の読者必見?)
入ったトイレの男性用便器

DSC03660.JPG
男性用便器

便器の中にはサッカーゴールがあり、真ん中にはゴールからつりさげられたサッカーボールが....

コピー 〜 DSC03660.JPG
サッカーゴール

”このボールを狙えっ!”て事ですね。
女性にはなかなか知る事の出来ない男性社会の裏側?のお話でした。


ランキングバナーを大きくしたらクリックが増えるか実験中!

ここを、クリックしてランキングアップに応援して下さい。
他の東欧、中欧関係のブログへの近道にもなりますよ。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村
posted by タカ at 20:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ルーマニアで散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

AFI PALACEへ行く(その2)

***お知らせ***
ただ今バイアマーレへ旅行中でインターネット使用不可につき、予約での記事更新です。コメントの返信は遅れますが、御了承願います。


***昨日の続き***

建物の中に入ってから当初の目的であった”マグカップ”を売ってそうなお店を探して歩き回りますが、それらしきお店は見当たらないので断念。
建物の中は日本で言うと”イオングループのIモール”(イオンが無い地域の方ごめんなさい)と似たような感じです。

DSC03651.JPG

とりあえず、散歩のつもりで館内を歩きまわると突然大きな空間が現れます。
ここは子供の遊び場になっているようで、スケートリンク?にボート、アトラクション、大型のジャングルジム?などがあります。

DSC03652.JPG
スケートリンク?

DSC03655.JPG
ボート(左)とアトラクション(中央)

DSC03657.JPG
大型のジャングルジム?

遊び場の周りはフードコートになっていて、食事をしながら子供たちを遊ばせるんでしょうね。
子供を連れてきたら食事の時間が長くなりそうです。

ショッピングモールの交差点にも子供向けの乗り物遊具

DSC03658.JPG
自走式のぬいぐるみ。

館内を2周程回って、香水を切らしている事を思い出して香水売り場へ。
”タカは香水を使ってるの?”と思われるかもしれませんが、トラムやバスなどの公共交通機関に乗った時に、たまたま臭い人が近くに来る事があります。
別に自分が臭いわけではないので知らん顔をしていればよいのですが、なぜか周りの人は私の事をジロジロ見ます。
「おめー、くせーぞ!」みたいな....アジア顔は目立つんです。
ですから香水を付けて、”私じゃないよ”をアピールしてます。(被害妄想か?)

でも香水を買う時って、鼻がおかしくなっちゃうんですよね。
あと香水は後から匂いが変わるので判断が難しいです。

とりあえずカウンターのお姉さんに
私:「男性向けのある?」
店員:「ありますよ。甘いとフレッシュどっちがいい?」←たぶんこのように言っている
予期せぬ回答に、私はとっさに「甘い」と返事。
サンプルを3種類出してきて手に付けてもらいましたが、さっぱりわかりません。
とりあえず1番目に出してきたものを購入しました。
品物を受け取るまでの間、店員のお姉さんに日本語のレッスン。
”ありがとう”を教えてあげると、別れ際に「ありがとう」と言ってくれました。

今から思うと何で写真をお願いしなかったんだろう?
笑顔がかわいい綺麗な娘だったのに。


***続く***

ランキングバナーを大きくしたらクリックが増えるか実験中!

ここを、クリックしてランキングアップに応援して下さい。
他の東欧、中欧関係のブログへの近道にもなりますよ。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村
posted by タカ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルーマニアで散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。