世界からの訪問者
ルーマニアで使い捨てカイロの御用命は
日本語、英語、ルーマニア語で注文可能!

2010年09月30日

Razの誕生日

昨日29日は居候先の旦那RAZの誕生日。

ルーマニアでは名前の誕生日と本当の誕生日の2種類があります。
名前の誕生日については日本人には理解できないのですが、名前によって名前の誕生日がある人と無い人がいます。
名前の誕生日は毎年同じ日では無く、カレンダーが発行されて誕生日の日にちが決まります。

DSC01738.JPG
昨年のカレンダー

ちなみに今年は居候先の奥さんのMariは2回も名前の誕生日がありました。

で、29日の話に戻りますが、この日はRazの本当の誕生日。
前日からプレゼントを用意して、朝起きた時に渡しました。
自分は誕生日に贈るプレゼントは決めています。

名前の誕生日にはタバコ2個
本当の誕生日にはタバコ5個

芸が無いと思われるかと思いますが、確実に消費してくれるので現実路線です。

日本では誕生日の主役は貰うばかりですが、ルーマニアは主役も大変。
いつもお世話になっている人に感謝の気持ちを表します。
普通は食事を振る舞うらしいのですが、Razの場合は平日だったので昼食の出前でした。

DSC04289.JPG
昨日の昼食。

DSC04291.JPG
ナン?、ポテト、豚肉、鶏肉、ミチ、ハム

DSC04290.JPG
野菜?としてピクルス

ピクルスは少し苦手ですが、感謝の意味も込めて完食しました。

今日30日はDenisの誕生日。
夜にマクドナルドで誕生会をやるそうです。

来月は自分の25歳の誕生日があります。
ツッコミは無しね↑

まだ習慣が良くわかっていない私。
どうすればいいんだろう?

ここを、クリックしてランキングアップに応援して下さい。
他の東欧、中欧関係のブログへの近道にもなりますよ。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村
posted by タカ at 20:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ルーマニアの習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

新しい朝食

以前”商品の価格表示”と題した記事で、朝食に7DAYSというクロワッサンを食べている事をお伝えしましたが、毎日同じものだと飽きてしまうので、新たに開拓。

実は通勤途中にパン屋さんはあるのですが、いつも行列を作っているので敬遠してます。
敬遠する理由は、並びたくないのと、注文も難しいんですね。
日本の様に、トレイに乗せてから支払いに行くスタイルなら問題ないのですが、言葉のみで店員さんに注文するのは難しいです。

でも、何もしなければずっとクロワッサンになってしまうのでどうしようか考えていました。
そこで思い出したのが、ケーキ屋さん。
ここはチェーン展開しているお店で、ケーキ以外にも軽食などが売っていて、店内で食事もできます。

DSC02229.JPG
ケーキ屋さん

ここなら何とか買えるだろうと思い、店内に突入。
店員さんに「これ1つ、これ1つ、これ1つ」と言って指差し注文。
3個の菓子パンを購入する事が出来ました。

DSC04221.JPG

ちなみにこの菓子パンですが、1個1.1Lei。3個で3.3Lei(合計約90円)
クロワッサンは2個で3.6Leiだったり4Leiだったり(店によって違う)

菓子パンの方が経済的で良かったです。
(なんかケチなおばちゃんみたいになってます。)

味は?
私は味についてはあまり気にしませんが、甘党以外の人には辛いかも...

日本の朝食が恋しい.....


ここを、クリックしてランキングアップに応援して下さい。
他の東欧、中欧関係のブログへの近道にもなりますよ。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

posted by タカ at 20:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

オープンから3ヵ月

5月に居候先と共同出資で始めた車検会社。
会社の名前はそのまんまで”SHAKEN AUTO”。
ルーマニア語で車検の事をI.T.P(イー・テー・ペー)といいます。

DSC04234.JPG
ガレージ入口(人)

DSC04233.JPG
ガレージ入口(車)

6月中旬のオープンから早3ヶ月。
今までに約700台の車を検査しました。

DSC04232.JPG

ルーマニアの車検は日本の車検と違って非常に早いです。
日本では1日車検のフレーズがありますが、ルーマニアの場合は最短20分。
ビックリするくらい短いです。

本当は15分位で終わってしまう車もあるのですが、15分では終わらせてくれません。
理由は車検制度を管理している会社とインターネットでつながっていて、車検作業を開始してから20分より早く終わらせる事が出来ないシステムになっているからです。
簡単に言うと”20分以内の車検作業は手抜き車検”と判断しているようで、作業開始から20分経たないと車検の番号がもらえません。

日本人はムリ、ムラ、ムダを省いて作業効率を高めようとするのが得意だと思うのですが、この”20分ルール”のおかげで何も改善する気になれず、おかげで私はルーマニア人化しつつあります。

で、会社の収支ですが.....
一応何とか黒字ですが、私にスタッフと同じだけの給料を支払うと赤字になってしまう状態。
なんとかお客さんを集めたいのですが、リピーターは2年後(車検は2年)だし...
日本のガソリンスタンドみたいに、フロントガラスの窓ふきサービスをやろうと思いましたが、居候先夫婦に「そんなの無駄」と言われて却下。
ここでは”お客様は神様です”の精神はありません。
ですから”お客様に気持ち良く帰っていただく”の気持ちもありません。

そんなの無理やりやらせればいいじゃん!と思うかもしれませんが、社員一同気持ちが1つになって、やることの意味がわから無い状態でやらせても中途半端になるだけと思い我慢しています。

ルーマニアへ進出している日系企業の方たちは、相当苦労しているのでしょうね。

ルーマニアでの車検内容は、後日書こうかと思っています。


ここを、クリックしてランキングアップに応援して下さい。
他の東欧、中欧関係のブログへの近道にもなりますよ。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村
posted by タカ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

日本の車に有ってルーマニアの車に無い物

他のヨーロッパの国の事はわかりませんが、ルーマニアで走っている車には日本と違った特徴があります。

下の写真を見て気付く事はありますか?

DSC04225.JPG
すべての車に言える事です。

ヒント1:日本の車に付いていて、ルーマニアの車には付いていない物

ヒント2:たぶん付けてると盗まれちゃうんでしょうね。


答えはサイドバイザー

雨の日は窓を開けるとビタビタになります。

正解した方は
ココ↓↓↓をクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村


「なるほど」と思った方は
ココ↓↓↓をクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村
posted by タカ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルーマニアの習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

尖閣諸島問題

最近のニュースでちょっと頭に来る事。



一応”尖閣諸島”をウィキベディアで調べてみました。
調べたい人は⇒コチラから

この中の年表を見ていると、1971年6月には台湾、1971年12月には中国がそれぞれ領有権を主張しだしたと書いてあります。
それまでは台湾、中国共に日本に領有権が有ると認識していたと思われる行動が有ります。

なぜ1971年に台湾と中国が領有権を主張ししだしたか?
尖閣諸島周辺には原油が1000億バレル以上の埋蔵量があることが判明したからなんですね。

年表を見ると、今回の中国のやり方には怒りさえ覚えます。


Searchinaと言うサイトにこんなブログが有ります。
日本が最大の援助国だという事実を知って

(一部抜粋)
30年前、中国の一人当たりGDPはわずか300ドル、外貨準備高は1.67億ドルにすぎず、日本政府より500億円(2.2億ドル)にのぼる借り入れを行った。中国が受け入れた諸外国からの援助額のうち66.9%は日本からのものであり、中国にとって日本は最大の援助国である。また、日本からの援助は鉄道や道路、港湾や空港などのインフラ整備のほか、農村開発や環境保護、医療、教育など多岐にわたって使用されたという。

各国が中国に援助した総額の内、2/3が日本からの援助なんですね。

私は近所の人に何か頂き物を貰ったりした時は、自分の子供たちに「今度会ったらお礼を言うんだよ!」と言っていました。
日本では当たり前の事ですが....

中国政府は、「日本の援助のおかげで豊かになった」と明確に国民に対して伝えていないんですね。
南京虐殺の事は学校でも教えている位なのに。

結局、中国と言う国の政府は信用できませんね。
国民がかわいそうです。
すべての情報が国民に伝わっていないので、中国のネットユーザーが強硬な事を言っても仕方が無いです。(日本製品の不買運動が良い例です。ほとんど中国製なのに。)
実際、その事(情報開示が無い事)を踏まえた中で”中国国民の声”を報道してない日本のマスコミにも問題が有ると思いますが...(意味のない反中が増えるだけ)

日本政府は今後どのように対応するのでしょうか?
ウィキペディアに書いてある事が、中立で間違っていない内容であるならば、堂々と世界に発表すれば良いのではないでしょうか?。
そうすれば、中国の事を誰も信用しないようになってしまいますね。

今回の騒動で中国は自分で自分の首をしめた展開に持ち込まなきゃ、弱腰政府と言われ続けると思います。


それと、日本の企業はいつまで中国進出を続けるのでしょうか?
他の国へ替えたらどうですか?

例えば....ルーマニア

ヨーロッパ向けの生産工場としてどうですか?
人は余っていますよ。


ここを、クリックしてランキングアップに応援して下さい。
他の東欧、中欧関係のブログへの近道にもなりますよ。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村






posted by タカ at 20:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 無関係シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。