世界からの訪問者
ルーマニアで使い捨てカイロの御用命は
日本語、英語、ルーマニア語で注文可能!

2011年07月21日

こんな物が盗まれるルーマニア

外国に行くと気を付けなければならないのがスリなどの窃盗。
ルーマニアも同じで、私はトラムバイ(市電)でリュックの中に入れてあった日本の携帯電話を盗まれた事が有ります。

そんな窃盗には気を付けなければならないルーマニアですが、とんでもないものが盗まれる事件が有りました。

以下、産経ニュースより

ロケット砲の弾頭64発盗まれる ルーマニア、売却目的か
2011.7.19 09:22
 ルーマニアからの報道によると、同国で旧式のロケット砲弾の弾頭64発が輸送中の貨物列車から盗まれ、18日に見つかるまで一時行方が分からなくなる事件があった。
 盗まれた弾頭はロケット本体には取り付けられておらず、警察当局は「危険はない」と説明。くず鉄として売る目的で盗まれた可能性もあるとみて調べている。
 AP通信などによると、列車は15日にルーマニア国内で弾頭を積み、処理先の隣国ブルガリアの兵器工場に向かっていた。途中、扉をこじ開けた跡が見つかり、窃盗が判明した。
 当局は捜索を続け、18日にルーマニアの首都ブカレスト周辺の駅近くに隠してあった弾頭を見つけたという。(共同)



盗む方も盗む方だけど、セキュリティーはどうなってるの?
テロ組織の武器調達の標的されそうですね。
とりあえず発見されて良かったです。


下のバナーをクリックしてランキングアップに応援して下さい。

他のルーマニア関係のブログへ行きたい方は
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ルーマニア情報へ
にほんブログ村

他の東欧、中欧関係のブログへ行きたい方は
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

posted by タカ at 20:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | ルーマニア記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

タバコ税増税案を出す前にやる事があるだろ!

ルーマニアネタが無いので、今日は日本のネタから
17日の朝日新聞より



酷い話ですね。
今回の震災で起きた福島の原発事故の原因は、日本の政治家と役人が大きく関与していたと言わざる得ないと思います。
世間では東電の賠償責任問題になっていますが、A級戦犯は政治家と役人だと思うのです。

しかし不思議なのが、どのニュースを見ても東電の賠償問題がニュースになっています。
ニュースに対する書き込みも東電に対するバッシングが多いです。

私は、「おかしいんでないの?」と思うのですが、皆さんはどのようにお考えですか?

何で東電が悪くないかって?

例えば、東電が国の指針とか原子力に関する規則を順守していなくて今回の事故が発生したのであれば、東電が悪いと言う事になると思うのですが、そんな話は聞いた事がありません。
東電は民間企業なので利益を追求する事は当たり前な事で、無駄な投資をするはずがありません。

ですから、原子力の安全対策に必要な投資をさせる為に、国や関係省庁が決めた規則があると思うのです。
今回はこの規則が”甘かった”ために大きな事故が発生したと、私は理解しています。

ですから、東電は悪くないとは言いませんが、東電より悪い人や組織があるのではないかと思っています。
震災後のニュースを見ていると、東電を悪者にする記事が目立っていて、原子力を推進した当時の政府や原子力委員会を悪者にした記事が少なく感じます。
と、言う事でマスコミに対して疑問を持ってしまった私です。

話しは変わって復興費用の捻出ですが、またタバコ税の増税の話が出てきました。
愛煙家の私は怒り心頭です!
先日復興大臣を辞めた人が言っていた”知恵を絞れ”と言いたくなります。

昨年だったかな?
日航の破たん問題の時に、社員とそのOBの年金削減問題が有りました。

そこからの横展開なのですが、私の案は
政治家の議員年金の大幅カットと関係省庁の役人、原子力委員会メンバーの年金のカットで捻出したお金を復興費用をねん出する案はどうでしょう?
上のニュースにもあるように、色々なしがらみや思惑で原子力を推進した人たちに、それ相応の責任を取ってもらうと言う事です。
どうですか?
良い案だと思う方は、下の応援バナーをクリックしてくださいね。


おまけ:
最近テレビで国会の予算委員会の中継を見ていて思ったのですが、

なんでみんな上着を着てるの?

節電する気あるの?

ここの設定温度は何度?
NHKさん、教えて!


下のバナーをクリックしてランキングアップに応援して下さい。

他のルーマニア関係のブログへ行きたい方は
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ルーマニア情報へ
にほんブログ村

他の東欧、中欧関係のブログへ行きたい方は
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村


posted by タカ at 12:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 無関係シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

ルーマニアも暑いそうです

ニュースの中にルーマニアの文字発見!
やっと記事が書ける〜



日本も連日猛暑ですが、ルーマニアも暑くなってきた様です。
ニュースの記事では36℃となっていますね。

私の今いる名古屋の明日(14日)の予想最高は気温34℃となっていますが、ルーマニアの36℃とではどっちが暑いのでしょうか?
普通だったら数字が大きいルーマニアの方が暑いと言いたいところですが、湿度の関係で名古屋の方が体感温度は高く感じるように思います。
ルーマニアの場合は日陰に行けば涼しいですから...

先日ブカレストに住んでいる日本人の友人MさんとSkypeで話をしました。
そこでの会話ですが、

Mさん:「タカさん!、ルーマニアのプールって行った事あります?」

私:「ないです」

Mさん:「こっちのプールは凄いっすよ!。」

私:「家の近所にもプールは有ったんだけど、ぜんぜんだったよ!。でも日本人が行くと目のやり場に困りそうだね。」

何が凄いって?
来年の夏までお預けです。
でも写真はムリかな....


下のバナーをクリックしてランキングアップに応援して下さい。

他のルーマニア関係のブログへ行きたい方は
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ルーマニア情報へ
にほんブログ村

他の東欧、中欧関係のブログへ行きたい方は
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村
posted by タカ at 23:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | ルーマニア記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

ルーマニアの調理器具

どこの国でも各家庭に必ずある調理用コンロ。
ルーマニアではコンロの事をCUPTORと言います。
日本のコンロの場合、ガスコンロのみや魚を焼くオーブンが付いていたり様々な物が有り、最近ではIHクッキングヒーターなどの火を使わない物もあります。

ルーマニアでIHクッキングヒーターが有るのかどうかわかりませんが、一般的には火を使うコンロとオーブンがセットになったものをよく見かけます。

DSC05445.JPG
CUPTOR

DSC05444.JPG

CUPTOR上面

日本の場合コンロの大きさ(厚さ)は10cm位で、台所の調理スペースにはコンロを置くスペースを用意してありますが、ルーマニアの場合は床にCUPTORを置いて使います。
CUPTORはオーブンの部分でかなりの高さを使っているので、火を使うコンロの部分はちょうど良い高さです。
多分、高さの規格が有るのでしょうね。

これだけでも日本と違うのですが、他にも違う事が...

DSC05446.JPG
火加減のダイヤル

日本の場合はダイヤルは右回りで時計と同じ。
火加減も時計の数字と同じで、「切り」に近くなれば弱くなります。

ルーマニアの場合はダイヤルは左回りで反時計回り。
火加減は時計の数字と同じなので、スイッチを入れたすぐは最大火力から始まって、反時計方向に回して最大に回すと最少火力になります。
最少火力の時のダイヤルの位置は時計に置き換えると5分の位置。
それ以上ダイヤルは反時計方向に回りません。

これって、意外と便利です。
日本のコンロの場合、超弱火を使いたい時にゆっくりとダイヤルを戻すのですが、火が消えてしまう事が有りませんか?
ルーマニアの場合(ヨーロッパ全土かな?)は弱火にする時に、ダイヤルを回しすぎて火を消してしまったと言う事有りませんでした。

コンロのダイヤル一つで、日本と外国の違いを感じる事が出来ます。
そして、少しの発想の違いで頭を「ガツーン」と叩かれた気分になるのも、海外での面白い所ですね。


下のバナーをクリックしてランキングアップに応援して下さい。

他のルーマニア関係のブログへ行きたい方は
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ルーマニア情報へ
にほんブログ村

他の東欧、中欧関係のブログへ行きたい方は
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村


posted by タカ at 17:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | ルーマニアの習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

ブカレストの公共交通機関(2)

先回はブカレスト市内の公共交通機関の市バス(Autobuz)、トロリーバス(Troibuz)、市電(Trambai)の話を書きましたが、今回は地下鉄の話を書きますね。

DSC04130 - コピー.JPG
ブカレストの地下鉄路線図

ブカレストの地下鉄は4路線あります。
現在も増殖中ですが、空港からブカレスト市内までをつなげる計画が有るらしいです。

地下鉄に乗る場合は駅でチケット(2回券:3Lei)を購入して、チケットを機械に挿入してカウントさせます。
1回目に乗ったらそのチケットは保管しておき、2回目を使用したらチケットはゴミ箱へ。
日本の地下鉄の様に区間によって料金が変わるのではなく、1回乗ったらどこまで行っても追加料金は有りません。

DSC02157.JPG
地下鉄の2回券

チケットは2回券の他にも色々あるらしいのですが、詳しく知らないので...
そして、最近わかった事(自分でためしたからね)ですが、先回の記事で書いたプリペイドカードも使えます。
個人的にはプリペイドカードにある程度チャージしておけば、ブカレスト市内の公共交通機関すべてに使えるので便利な気がしました。(市バスの空港線も使えます。)

で、今日は地下鉄の話ですが、地下鉄は路線によって旧型車と新型車がわかれています。

DSC05871.JPG
旧型車

旧型車の外観はアートなのか落書きなのか....判断に迷います。
車内には落書き多数。

DSC05870.JPG
新型車
新型車はアート?は無く落ち着いた外観をしています。

DSC05872.JPG
新型車は、飛行機で有名な”ボンバルディア”製(ピンボケでごめんです)

DSC06363.JPG
新型車の車内は広告も少なく落ち着いた感じがします。

DSC06362.JPG
新型車の座席

座席は他の公共交通機関と同じでプラスチック。
長時間乗ると体のアチコチが痛くなります。

実はこの写真、お客さんが少ないですが、地下鉄は基本的に撮影禁止なので人の少ない時に鉄道警備員に隠れて写真を撮りました。
何か言われるのは嫌ですからね。

ブカレストの地下鉄には一風変わった名前の駅が有ります。
”1 Decembrie 1918”と言う名前の駅。
直訳すると”1918年12月1日”と言う名前の駅。
1918年12月1日はトランシルヴァニアとルーマニアの統一を祝う統一記念日。
12月1日の統一記念日はルーマニアの数少ない祝日の一つです。

DSC05867 (2).JPG

2回に分けてブカレストの公共交通機関について書きました。
旅行された際には一度利用して見るのも良いかと思います。


下のバナーをクリックしてランキングアップに応援して下さい。

他のルーマニア関係のブログへ行きたい方は
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ルーマニア情報へ
にほんブログ村

他の東欧、中欧関係のブログへ行きたい方は
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村
posted by タカ at 16:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ルーマニアで散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。