世界からの訪問者
ルーマニアで使い捨てカイロの御用命は
日本語、英語、ルーマニア語で注文可能!

2017年04月16日

ろくでもない日本人

8月と9月にルーマニアで詐欺的行為を行っている日本人(A氏)のことを書きましたが、
大使館からの注意喚起
大使館からの注意喚起 続報
また注意喚起した方がいいのかな?って内容の事がわかりましたのでお知らせします。

今回わかったことですが、銀行口座の開設時における不正です。

A氏は日本からルーマニアに移住を考えている人を支援するビジネスをしています。
A氏の支援を受けてルーマニアに移住をされた方が沢山いると聞いていますし、知っている方もいます。

A氏の支援を受けてルーマニアに移住した人達は、ルーマニアで銀行口座を開設することが多いですが、他に知り合いがいない移住者は当然のことながらA氏に口座開設の支援依頼します。

これがまたぼったくり価格での支援らしいですが.....

口座開設の申請用紙にはいくつかの記入事項があるので、移住したばかりの日本人には記入用紙に必要事項を記入することはまず無理と言ってもいいでしょう。

そこで、A氏とその通訳が申請用紙に代筆します。

本来であれば、開設した口座はその移住者しか扱うことができないはずですよね。
しかし、A氏の支援で口座開設した場合は、A氏も口座を扱うことができるように記入して口座開設の申請をしているようです。

この件は、A氏の支援によって口座を開設した方が、口座開設後に単独で銀行に行った時に不審に思った銀行のスタッフに、A氏について尋ねられて発覚したそうです。
「あなたの口座はA氏も口座を扱えるようになっていますが大丈夫ですか?、できればA氏を外すことをお勧めします。」って。

その移住者にはA氏に口座を扱える権限を与える意思はなく、全くあずかり知らない所でA氏に口座を扱う権限を与えていたと言うことになります。
当然のことながら、その移住者はA氏の権利を外したことは言うまでもありませんね。

私の聞いた情報によると、現在これをされてたことが発覚した方は2名。
おそらく自分の口座にそんな仕掛けがしてあるなんて思ってもいない方はまだ多数いるでしょう。

外国で何かを始めたいと考えている方、移住した後に何かをやりたいけど支援が必要な方は、数件に連絡を取り、相見積もりをすることをお勧めします。

このブログの読者で、A氏の支援で移住または今回の様に口座開設をされた方はいますか?

あなたの口座は大丈夫ですか?
あなたは口座開設だけで支援料としてA氏に何百ユーロを支払いましたか?
口座開設だけなら普通のルーマニア人通訳なら200Lei(約45ユーロ)も出せば喜んで支援してくれますよ。



ここを、クリックしてランキングアップに応援して下さい。

他のルーマニア関係のブログへ行きたい方は
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ルーマニア情報へ
にほんブログ村

他の東欧、中欧関係のブログへ行きたい方は
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村
posted by タカ at 00:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 無関係シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ルーマニアのビザ申請をしそうになりました。
もしかしたらA氏のところかもしれないです。
他の方もブログに書かれており、そちらでは社名と名前のイニシャルが私が依頼しようとした方と同じでした。
(ちなみにA氏と言っても当てはまります)
どちらにしても日本人に騙されそうになったことには変わりはないです。

諸事情から焦っていたので、自分に注意力が足りませんでした。
とある方が「騙そうとする会社は多いからなるべく自分でビザ申請をするべき。自力でできる国を選べ」という内容のことを言っていて、こんな当たり前の事が頭から抜け落ちていたなんて、本当に自分は何をやっていたのだろうと反省しました。
どこに住むにもビザ申請できる語学力を付けてから移住を考えるべきですね。
焦ってもどうにもならない。

こうして記事を書いてくださった事、本当にありがとうございます。
これで助かる人は、メッセージを残さなくても結構な人数いるのではないかと思います。
ルーマニアには行ってみたいので、両替情報なども感謝しています!
ランキングボタン、無駄に連打しておきます!
Posted by どくしゃ at 2017年04月18日 15:22
どくしゃさん
こんにちは!

この記事で救われる人がいたらうれしいと思って書いていましたので、この様なコメントを頂けてうれしいです。

外国へ移住や長期滞在する場合は思ってもみない苦労が沢山あります。
そして、失敗もたくさんします。
私も沢山の失敗をしていますが、経験値が上がった!と自分で自分を慰めています。

海外に行くと、どうしても相談する人が限られてきます。
最初に出会った人が良心的な人か悪い人か....
こればっかりは運かもしれませんが、私は良い方たちと出会うことができました。

今思うとブログからですね。
ルーマニアの音と言うブログを参考にしながらブログの管理人の友人にたどり着きました。

どくしゃさんも少しでも危険を回避するために、何とか相見積もりを取るなどして情報を集めてくださいね。
Posted by タカ at 2017年04月19日 02:49
大変貴重な情報を、ありがとうございます。
自分を頼りにしてくる人を騙すなんて、とんでもないですね。
私も気をつけます。
Posted by Keiichi at 2017年05月05日 18:11
keiichiさん
コメントをありがとうございます。

最近は、「北朝鮮問題で移住ビジネスが忙しくなってきた」とフェイスブックでほざいていました。

気をつけてくださいね
Posted by タカ at 2017年05月05日 19:14
すみません、失礼します。
自分も移住を考えてたりするのですが、このA氏というのはツイッターでフォロワーが1万ちょいの人でしょうか・・・? 
情報を教えてくださりありがとうございます。
Posted by 市 at 2017年11月21日 01:54
市さん
コメントをありがとうございます。
私はツイッターをやっていないのでフォロワーの数は知りませんが、ブログっぽいこともやっていたはずなので、多いかもしれませんね。

移住する場合、どうしても人に依頼することが必要な場合があります。
必ず数社で見積もりを取り、依頼してください。
金額だけでなく、内容もしっかりとみてくださいね。

ブカレストの場合でしたら個人的にはルーマニアトータルサービス(右上にリンクが貼ってあります)をお勧めしますが、あくまでも自己責任でお願いします。
Posted by タカ at 2017年11月22日 20:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック